第1回 PRC-Tools の概要

PRC-Tools は、PalmOS 用のソフトウェアを開発するためのツール群です。PRC-Tools には GNU プロジェクトで開発されている C/C+++ コンパイラ GCC、gdb 等を PalmOS 用に変更したものが含まれています。

PRC-Tools はフリーソフトで、PRC-Tools Project により開発が進められています。最新バージョンである 2.0 は Palm からサポートされ、Windows 用、Linux 用のバイナリおよびソースコードが開発者向けのページからダウンロードできるようになっています。

PRC-Tools を使って効率よく開発を行うためには、他に PilRC、pilot-link、gmake、POSE と呼ばれるツールが必要となります。これらのツールと PRCD-Tools との関係を以下に説明します。

gcc:
C/C++ のコンパイラです。PalmOS 用のコードを生成するクロスコンパイラです。
build-prc:
gcc により生成されたコード、PilRC により生成されたデータ (リソースと呼びます) を集めて、ひとつのリソース・データベースを生成するためのツールです。リソース・データベースの生成方法は、定義ファイル (*.def) から読み込みます。gcc により生成されたコードは PilRC によって自動的にコード・リソースに変換されます。
gdb:
デバッガです。POSE と通信しながら、ソースコードのレベルでデバッグすることができます。
PilRC:
フォーム等のリソースの定義を記述したファイル (*.rcp) から個々のバイナリ形式のリソース・ファイルを生成するリソース・コンパイラです。
POSE:
Palm デバイスのエミュレータです。X Window System で動作します。作成したプログラムの動作確認を行うことができます。また gdb と連携して、ソースコードのレベルでのデバッグに利用できます。
pilot-link:
build-prc によって生成されたリソース・データベースやその他のデータベースを実機に転送するために使用します。現在はシリアルポートのみをサポートしています。
gmake:
Makefile に書かれた規則にしたがって、gcc 等による処理を制御するためのツールです。


Copyright (c) 2002 WATANABE, Yoshiki